ニキビ跡ケアは自分の肌質を知ることが大切

中学生からの思春期ニキビのケアを怠ったことが原因で、今でもニキビ跡に悩まされています。

皮膚科には行かず、複数のニキビケア用品を試しました。クレアラシル、オードムーゲ、プロアクティブなど。治まったかな?と思うのは一時的なもので、ニキビが無い状態を保つということはできませんでした。

特に両頬のニキビが多く、思春期の自分にとっては、人前に顔を出すことが嫌で少しでもニキビを減らそうと、膿を出して潰していました。

消毒した針などを使って正しく膿を出せば早く治る方法もあるそうですが、当時の自分は何も知らず、雑菌だらけの手で潰していました。

潰した直後は、ニキビが目立たなくなっていいのですが、やはり後々ニキビ跡として残ってしまうことを数年後に実感したのです。10代の頃は化粧をすることがなかったので、ニキビを隠すことはできず、憂鬱な日々を送っていました。

少しずつ考えが変わってきたのは20代に突入し、思春期ニキビから、大人ニキビへと変化してきてからでした。化粧をすることはもともと好きではなかったのですが、仕事をし人前に顔を出すためのエチケットとしてするようになりました。

そうすると、化粧をしている時の方が、ニキビができにくくなったのです。化粧をしないままの肌だと汚れが直接肌に付着し、乾燥することによってニキビが出来ていたのです。ただやはり、化粧は肌に負担がかかるので、ノンコメドジェニックテスト済のものや、ミネラルファンデーションを使用しています。

自分の肌は脂でベタベタになりやすく、クリームで保湿すると余計ニキビが出来ていたため、脂性肌だと思い、保湿を十分に行わなかったのがそもそもの間違いでした。実は乾肌が燥していたため、余分に脂を分泌していたことが分かったのです。

そこでピカイチの「リプロスキン」を使用してから、ニキビが出来にくくなり、ニキビ跡も少しずつではありますが薄くなってきました。脂性肌だからニキビができるのではなく、乾燥肌でニキビができるのだと気づいてからは、しっかり保湿することを心がけました。

一日でも化粧を落とすことを怠ったりすると肌は変化していきます。ストレスでニキビが悪化することもあります。ニキビ跡を改善するためには日々の生活習慣を改め、自分の肌質をよく知り、お手入れを欠かさず続けることが大切だと実感しました。

私が参考にしたサイトはこちら→リプロスキンの効果を口コミ@ニキビ跡におすすめな理由

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.