西舞鶴で偶然見つけた魚が美味い店

 

 

 

 

 

 

北海道からフェリーで舞鶴に着くのは夜9:30過ぎ。
いつも定宿にしている西舞鶴のホテルでチェックインを済ませ、食事を兼ねての近くの居酒屋へ。

しかしこの日は日曜日で、いつも行っている居酒屋が休みでした。
あまり知らない土地で知らない店に入るのは気が進まないのですが、お腹も空いていたので飲み屋を探すこと約5分。
駅前で営業しているお店を発見!。それも最近オープンしたようなしゃれた感じの居酒屋「魚菜もも」です。

他に開いている店もなかったので思い切って入りました。
一人でカウンターの席へと座り、メニューを見るとお刺身系のメニューがずらりと並んでいるではありませんか。

それも地魚がほとんどのようです。
カウンター前に並んでいる魚を見てみると地元のスーパーでは見かけない魚がずらりと並んでいます。

まずは焼酎のお湯割りを飲みながら、刺身の盛り合わせ注文。
魚の説明を聞きながら頂きました。

マスターに北海道から来たというと、北海道の魚は脂がのっていて美味しいでしょうと言われましたが、知らない土地での地魚のおいしさはそれとは違う美味しさがあります。

地域に育てられた味付けや空気感が、それらを美味しく育てたのでしょう。

確かに同じ魚もありますが、名前が違ったりして、ちょっと不思議な感覚で、料理の仕方も変わっていたりと、珍しいことばかりでした、
お近くに行かれたら私お勧めのお店ですので、是非一度行ってみてください、間違いはないと思います。

参考:https://tabelog.com/kyoto/A2609/A260902/26028525/
居酒屋「魚菜もも」の食べログページです

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.