ローソク足の基本を学べば値動きが分かる

株をやる人なら誰もが目にする株価チャート。
株価の値動きを示すこのグラフには、
売買するタイミングなど株で勝つための情報が詰まっています。
株の相場を予想するための指標は色々な種類のものがありますが、
その中でも株価チャートは基本中の基本。
株初心者が効率よく稼ぐためにはチャート分析が大きなカギです。
まずはチャートの基本を学び、
買い時と売り時のタイミングを判断できるようになりましょう。

チャートを見るときに最初に理解しておくべきなのがローソク足。
株価の値動きを示すローソク型のこの記号は、
始値・終値・高値・安値を読み取ることができます。
ローソク足には中身が白い陽線と、中身を塗りつぶした陰線があります。
陽線は始値より終値が高かったことを示し、
陰線は始値より終値が安かったことを示しています。

 

 

 

 

ローソク足は株価の値動き次第で様々な形になりますが、
その形やローソク足の組み合わせにより今後の値動きが予測できます。
例えば上ひげの長いローソク足が出た場合は、
株価が勢いよく上昇したものの、売りの圧力に押し戻された状態。
つまり株価が下がる可能性が高いと判断できます。
ひげが無い陽線や陰線が現れた場合は、
ともに勢いが強いと判断できる指標となり、
陽線の場合は上昇、陰線の場合は下降を予想できます。
このようにローソク足から読み取れる値動きは様々なパターンがありますが、
現れた場所が安値圏か高値圏でも変わってきますし、
株価の流れを総合的に見たうえでの判断が必要となります。

This entry was posted in 株価チャートの基本. Bookmark the permalink.

Comments are closed.