利食いのタイミングは過去の高値が目安

株価は常に上下を繰り返しているものなので、
保有している株をずっと持ち続けるのではなく、
上がったところで売り、下がったところで買い戻すことができれば、
細かい利益をコツコツ積み重ねることができます。
これがいわゆる「利食い」と呼ばれるもので、
一般投資家が勝ち抜くための手段として書籍などでも紹介されています。

しかし、利益を確定させることで損失を防ぐという理屈はわかっても、
どこで売れば良いのかが難しいのが株の売買。
株価が上昇しているうちは「まだ上がる」と思いがちで、
ついつい売るタイミングを逃すことが多いのではないでしょうか。

そこで売るタイミングの目安として使いたいのが直近の高値
トレンドラインを引くと良くわかるのですが、
株価は直近の高値のラインまで上昇すると反発し、
一旦そのまま下落するパターンが多くみられます。

この原理を生かして株価が直近の高値付近まで上昇したら、
反転する直前に一旦売って利食いするのがセオリーとなります。
注意したいのが必ず直近の高値と同じ値段まで上がるとは限らず、
その手前で折り返すこともあるということ。
そのため高値付近で伸び悩んだ時点で一旦売るなど、
自分なりのルールを決めて取引するといいでしょう。

This entry was posted in 株価チャートの基本. Bookmark the permalink.

Comments are closed.