小僧寿し(9973)が急上昇!小型株に勢いあり

先月から株価の低い小型株の値動きが活発です。
まず雑貨屋ブルドックがアクサスHDの上場承認をネタに急上昇。
昨年12月に28円まで売り込まれていた株価が550円まで上がり、
20倍近い上昇率となって注目を集めました。

そして次に起きたのが小僧寿し(9973)の株価上昇です。
小僧寿しは持ち帰り専門の寿しチェーンとして一世を風靡しましたが、
ここ数年は低価格の回転すし店が多くなったことで業績悪化。
株価は低迷して71円まで下落していました。
そこにアスラ・ポート・ダイニングが筆頭株主になるというニュースが。
株価は数日で158円まで急騰しました。

小僧寿しの株価急騰は2日間で一旦落着きましたが、
これはまだ序章ではないかと見ています。
何故なら筆頭株主となったアスラ・ポート・ダイニングといえば、
昨年タコベルを日本に再上陸させたことでも有名。
当初、タコベルは出店ラッシュが予想されたものの、
予想に反して出店ペースが遅く現在でも二店舗止まりです。

しかしタコベルがこの二店舗で失速するとは思えません。
恐らくは小僧寿しの店舗の一部をタコベルに変更し、
一気に全国展開へ持ち込むのではと思っています。
今はあくまで想像ですが今後は目が離せません。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.