負けを最小限にするための持ち株処分

今年に入ってから日本株は下落する一方で、
反転する気配すら感じさせない急降下ぶり。
いずれ反転するポイントが来るとは思いますが、
今のところ底が見えないので一旦すべての株を売りました。
株価下落がはじまって最初の数日は耐えてましたが、
毎日ダラダラと下げ続ける株価をみているのは精神的にやられます。
とにかく損失を最小限にして再度上がりそうなところで買い直しですね。

今のところ全面安が続いている状態なので、
買い方の人はどの銘柄を買っても含み損を抱えてしまう状態。
逆に売り方は今が最大のチャンスではないでしょうか。
ただ今日の午前中は日経平均が一時300円以上プラスになったように、
売り一辺倒ではなく揺さぶりを掛けられはじめたのも事実。
株価も随分下がってきているだけに、
ここから売るのは慎重になった方がいいかも知れません。

流れが変わるなら日銀が金融緩和を行うときでしょうが、
これまでと違って原油安が絡んでいますからね。
今回はどこまで効果があるか分かりません。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.