株価が大きく動く予兆、三角持合い

株価は日々変動しながら上昇・下降を繰り返し、
上下しながら推移していきますが、
この上下の振れ幅が少しずつ小さくなってゆき、
ラインを引いたときに三角形を描くようなチャートが「三角持合い」です。

三角持合いは三角形の先端付近になると、
株価が上昇か下降のどちらかに向かって大きく動く特徴があります。
つまり三角持合いが発生した場合はチャンスでもありますが、
株価が急降下する可能性もあるので手を出しづらい状況といえます。
もし狙っている株で三角持合いの展開になったら、
上下どちらにブレイクするかを確認するまで待つのがいいでしょう。

三角持合いは株価の予測がしづらいチャートパターンですが、
最終的に株価の行く末は3つのパターンに分類されます。
ひとつは安値がほぼ同じ水準で推移しているのに対し、
高値が徐々に切り下がって三角を形成するパターン。
この場合は高確率で株価は下落に向かいます。

 

 

 

 

 

二つ目は安値が切り上がって行くに対して、
高値がほぼ同じ水準で推移しているパターン。
この場合は先ほどとは逆に大きく上昇が見込めます。
この二つのパターンの場合は将来の株価が比較的読みやすく、
保有している株でこのパターンが現れたときは対策ができます。
つまり上がると思えば株を買い増しして上昇に備え、
下がると思えば損失が出ている状態でも売ってしまうことです。

 

 

 

 

 

一番困るのは三つ目の高値と安値が切り下がるパターン
この場合は上昇と下降の圧力が均等に働いているため、
株価がどちらに動くのか判断が非常に難しくなります。
ただし動き出すと株価は大きく振れる傾向にあるので、
様子を見ながら初動で対策を取るようにしましょう。

This entry was posted in 株価チャートの基本. Bookmark the permalink.

Comments are closed.